技術だけでは不足?美容人として成長するためには

良く気が付くことが大切

ヘアサロンに行く際、人はどのようなことを求めているのでしょうか。美しいヘアスタイルを作ってもらうという目的もありますが、癒しの空間を求めていたり、非日常を求めていることもあります。そんな中で、美容人としてすべきこととは、いったい何なのでしょうか。
技術力ももちろん大切なのですが、良く気が付くことも重要です。例えば、常連であれば以前に話していたことを覚えていることも重要ですし、相手の体調や気分を見抜くという技も必要になってきます。
また、天気が悪い日であればタオルを差し出すことも重要ですし、待っている人に対して雑誌を勧めたり、座り心地の良い場所に案内するといったことも必要です。普通の会社と同じで、相手のことを察知する能力が重宝されます。

コミュニケーション能力を身につける

続いて、美容人に求められることの一つとして、コミュニケーション能力が高いということが求められます。自分本位でとにかく話しかけるという行為はいけません。逆にお客様を疲れさせてしまうこともあるのです。相手の様子を見てから、どのように話を切り出したら良いのか、明るい話題の方が良いのか、今日は何も話さない方が良いのかなど、きちんと見極めることが重要です。
話題の抱負さとコミュニケーション能力はイコールではありません。時と場合によっては、沈黙を続けることもコミュニケーション能力の一つなのです。これを上手く出来ない場合、疲れる場所として認識されてしまいますので、リピーターが増えないという事態が起こってしまいます。